MASAHIKO MIFUNE Profile

三船雅彦(みふね まさひこ) 1969年1月8日生まれ
京都府出身

中学のときにテレビで見たツール・ド・フランスに憧れ、高校入学と同時に本格的に自転車競技を始めインターハイや近畿大会等で入賞。高校卒業と同時にオランダへ単身自転車留学。クラブチームに所属し2年間滞在。

89年に帰国して国内実業団チームで活動。全日本選手権6位、ツール・ド・北海道総合9位などの成績を残し、ヨーロッパでプロロードレーサーになる夢を諦めきれず、92年には再びオランダへ渡る。

多くのレースで入賞し、94年よりプロ登録。当初立ち上がる予定だったチームの予算不足で、個人プロ(インディビジュアル)として活動、翌95年にはイギリスのF.S.MAESTROと契約。

97年にTonissteiner(ベルギー。ランドバウクレジットの前身)へ移籍。99年にはツール・ド・フランドルに日本人としてはじめて出場、翌2000年にはリエージュ~バストーニュ~リエージュと言った当時のワールドカップ対象レースはじめ、ヘント~ウェヴェルヘム、フレッシュ・ワローニュ、GPプルエーと言った世界主要レースも経験する。
2002年まで欧州で活動。その間9シーズンをプロとして走り(プロチームとの契約年数は8年)プロで700レース以上、プロアマ通算1,000レース以上を経験。入賞回数は実に200レースほどにのぼる。

2002年を最後に帰国。2003年より国内の名門チームであるミヤタ・スバルで活動。
国内の主要レースを中心に各地を転戦。スポットで海外での活動も継続し、2004年には香港で行われた第1回香港サイクルクラッシックにおいて優勝。当時の世界チャンピオン(タイムトライアル)のデービット・ミラーやトラック競技の世界チャンピオン、オリンピックチャンピオンを退けたニュースは世界中を駆け巡り、注目を浴びる。 

その他マルコポーロのメンバーとして2004年にはツアー・オブ・サウスチャイナシーでは第2ステージで区間賞。以後4日間リーダージャージを守り、ポイント賞でも3日間リーダーとして注目を浴びる。 2006年のツール・ド・インドネシアではポイント賞3位、ツアー・オブ・サウスチャイナシーでもポイント賞3位と、まだまだ年齢を感じさせないスプリントを披露する。 2006年には95年以来のナショナルチームメンバーに返り咲き、アジア選手権に出場。 チームロードで銅メダルを獲得。

2007年には4年在籍したミヤタ・スバルを離れ、関西を拠点とするマトリックス・パワータグ・コラテックへ移籍。キャプテンとしてチームをまとめ、それまで勝利数0だったチームを実業団2勝、その他のレースもあわせると合計9勝と大躍進の原動力となる。

2008年季限りで引退を表明、残りシーズンを全力で挑むべく高いモチベーションでシーズンへ。2008年シーズン最初のレース「ツアー・オブ・タイランド」第2ステージをゴールスプリントで制して3年ぶりのUCIレース勝利。38歳11ヶ月でゴールスプリントを制し、力健在ぶりをアピールした。

レース以外の活動も精力的に行い、2003年度よりJスポーツのサイクルロードレースではゲスト解説を。特にベルギーでのレースにおいては、10年間在住していた地理感などを生かした解説に定評がある。 

2010年よりブルべに参加。
2015年、ブルベの最高峰「パリ~ブレスト~パリ」(走行距離1,200km)にて日本人として初めて先頭グループでフィニッシュ。43時間23分でゴールした。

日本体育協会公認コーチ
滋賀県守山市自転車観光大使(2018年)
福岡県直方市自転車アドバイザー(2018年)
ツアーオブジャパン京都ステージ アンバサダー(2017年~)
ニセコクラシック アンバサダー(2017年~)
守山警察署サイクルポリス名誉隊長(2018年)
エディメルクスジャパン アンバサダー(2017年~)
シクロクロス日本代表チーム監督(2019年)
Jスポーツサイクルロードレース解説

株式会社マッサエンタープライズ 代表
Massa Enterprise WEB SITE➢

インターネットラジオくりらじ「Massa’s Channel」

所属チーム

アマチュア

  • 1987 W.V.OLYMPIA HEERENVEEN(The Netherlands)
  • 1988 W.V.SCHIJNDEL(The Netherlands)
  • 1989 Sugino(Japan)
  • 1990 Sugino(Japan),ASC OLYMPIA.AMSTERDAM(The Netherlands)
  • 1991 Sugino(Japan)
  • 1992 ASC.OLYMPIA.AMSTERDAM(The Netherlands)
  • 1993 W.V.SCHIJNDEL(The Netherlands)

プロチーム

  • 1994 PANASONIC-PANARACER(Indivisual)
  • 1995 F.S.MAESTRO-FARIGAS(England) by Alain De Loo
  • 1996 Sit&Sit F.S.MAESTRO(England) by Alain De Loo
  • 1997 Tonissteiner-Saxon(Belgium) by Gerard Bulens
  • 1998 Tonissteiner-Bosschemi-Colnago(Belgium) by Gerard Bulens
  • 1999〜00 Tonissteiner-Colnago(Belgium) by Gerard Bulens
  • 2001〜02 Landbouwlrediet-Colnago(Belgium) by Gerard Bulens
  • 2003〜06 Miyata-SUBARU(Japan) by Osamu Kurimura
  • 2007〜08 MATRIX-POWER TAG(Japan) by Masahiro Yasuhara

主なタイトル

  • 実業団クリテリウムin南紀 優勝(2006)
  • シマノもてぎロード 優勝(2006)
  • 丸岡ロード 優勝(2005)
  • 3days熊野 第1ステージ 優勝(2005)
  • 3days熊野 第3ステージ 優勝(2005)
  • Tour of South China Sea第2ステージ 優勝(2004)
  • 香港サイクルクラッシック 優勝(2004)
  • 全日本選手権シクロクロス  優勝(2000-2001)

Hatena Blog
Massa's EYE

NEWS